BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プロモートビジネス
  4. プロモーターとは?ビジネスにおけるプロモーターの役割
プロモーターとは?

プロモーターとは?ビジネスにおけるプロモーターの役割

「プロモーター」とは、個人やグループ、またその人たちの持つコンテンツを世の中に広める職業です。

プロモーターの概要

プロモーターは一般的に使う場合、 イベントなどの主催者や興行主のことを指します。
この意味では、イベントプロモーターやコンサートプロモーター、スポーツプロモーターなどがあります。
ただ、本来の意味としては、興行主に限った意味ではありません。
プロモーターというビジネスを理解するには、言葉の意味や役割も理解しておきましょう。

プロモーターの意味

プロモーターとは、発起人・主催者などの意味を持つ言葉です。
会やイベントなどを主催したり、興行を行ったりする意味を持っています。

プロモーターの語源

プロモーターの語源は、英語の「promote」から来ています。
英語での「promote」は、昇進させる、促進する、売り込む、興業を主催するなどの意味があります。

主な意味
(…に)昇進させる、進級させる、(…を)増進する、促進する、助長する、奨励する、売り込む、通過に努める、発起する、興業を主催する

(引用元 https://ejje.weblio.jp/content/promote)

従来、ビジネスでは、昇進させる、または促進するという意味で多く使われます。
それが、プロモーターという人を意味する言葉になると、意味が少し限定されます。
promoteする人という意味で「promoter」です。
「promoter」になると、発起人、興行主という意味での使われ方が多くなり、「promote」意味の中でも、発起する・興行を主催するという意味が強くなります。

promoteの名詞「promotion」になると、昇進や進級、促進や販売促進の意味で使われ、ビジネスでは販売促進キャンペーンの意味で使われることもあります。

プロモーターは、主催者的な意味合いのほか、
DNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列のうち、RNA(リボ核酸)合成を触媒する酵素が結合した、伝令RNAに転写の開始を指令する部分(引用元:weblio辞書
という意味もあります。

イベントやコンサートのプロモーターとの違い

イベントやコンサートなどのプロモーターとは、主催者や興行主を表します。
一番の目的は、(それだけとは言えませんが)プロモーターとしてはイベントやコンサートが開催できればいいわけです。
イベントやコンサートに限定しない「プロモーター」の場合、
販売促進の意味を含み、人やグループだけでなく、その人のコンテンツ(モノ)を世の中に届ける仕事と捉えられます。
プロモーターを必要とする際は、人やモノを世の中に出すことが目的になります。
イベントプロモーターと違い、プロモーターは、発起人として発案するだけではなく、集客から始まってそのコンテンツがお客様に届くまでを見届ける必要があると考えましょう。

ビジネスにおけるプロモーターの役割

プロモーターの役割

プロモーターを仕事として考えたときには、その目的を意識し、役割を果たすことが重要です。

プロモーターの役割

  1. 世の中に届けるヒトやモノを見つける
  2. 世の中に届ける方法をつくる
  3. コンテンツが届くまでを見届ける

1.世の中に届けるヒトやモノを見つける

ビジネスにおいて、世の中に出たい人や、売り出したいモノ、必要とされるモノを持っている人は多くいます。
それを届ける方法を知らない人、うまく届けられない人も多くいるのが現状です。
届けたいと思っている人を見つけ、そのコンテンツを見つけることがまず必要です。

2.世の中に届ける方法をつくる

コンテンツを見つけたら、欲しいと思っている人、まだ知らない人へ届ける方法をつくります。
その届ける方法を考えることもプロモーターの仕事として問われる部分です。
書籍で届けるのか、イベントを主催するのか、的確な方法を選ぶことが必要です。
そのうえで確実に集客していきます。
コンテンツと届ける方法、届ける相手、的確に判断するには、コンテンツを届ける人のためを思う姿勢が問われます。

3.コンテンツが届くまでを見届ける

コンテンツをイベントなどの参加者、購入者などに届ける方法をつくるまででは終わりません。
プロモーターはイベントやセミナー参加者の声に耳を傾け、内容を分析し、ブラッシュアップする必要があります。

イベントでは主催者ということで、セミナーを受けた人の意見だけを取り入れるのではなく、講師の意見も取り入れ、多方面のフィードバックを使って次へつなげることができます。

ビジネスにおけるプロモーターの意味や役割を理解しよう

ビジネスにおけるプロモーターの意味や役割

プロモーターは主に、他者のコンテンツを、世の中に広める役割を持ちます。
コンテンツの持ち主と、コンテンツを手に入れた人の両者が満足できる成果を得るためにはプロモーターのスキルは重要です。
特にコンテンツを手に入れた人が満足することで、さらにコンテンツを広めていくことができるためです。

コンテンツを持っている人と、欲しい人をつなぎ、さらに世の中へ広めていくのがプロモーターの意義ともいえます。
「コンテンツを見つける」「コンテンツにあった広め方をする」「集客をする」など、ビジネスにおけるプロモーターの役割をしっかりと理解しましょう。

プロモーターの仕事内容は、その役割、社会的意義を理解することで、「プロモートビジネス」を成功させることができます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

月を選択